全身至福セラピー 《120分》 流れ&詳細


全身至福セラピー《120分》は、

◎ご自身がご自覚されている個所

◎ご自身がご自覚されていない身体が訴えている個所

◎背中という自身には見ることのできない部分に現れているクセ(身体、心)など

様々な方向からアプローチしていく全身トータルセラピーです。

簡単にご説明します。それぞれの詳細は、下に続きます。

 

◎実際に触れていく セラピーの流れ

①足浴&セルフケア (※1)

②脊椎中心のオイルセラピー

③全身の流れを通すセラピー 

     うつ伏せ  (太もも・ふくらはぎ・足・脚・腕・手)

       あお向け  (おかおセラピー (デコルテ・頭・首・顔))

④身体からのメッセージ&セルフケア  (※2) 

 

※1 ご自身で感じている不調に対応するケア 

※2 施術中に受けとった流れに対応するケア

 


①足浴&セルフケア

★血流促進で、リラックス度up

★ご自身が日頃感じている不調に対するセルフケア

 

 

足浴にはさまざまな効果があります。足をあたためることで血管が広がり、血行がよくなります。あたためられた血液によって皮膚の温度は上がるだけでなく、その血液が全身に流れることで身体全身の血行が促されます。自律神経の調整、内臓機能・免疫機能のアップやより心地よいリラックスにつながっていきます。

 

足浴をしながら、お客様の感じているお身体の不調をお伺いします。その不調に対応する、簡単かつ即効性のある天城流湯治法を織り込んだセルフケアをお伝えし、実際にお客様ご自身でお身体に触れていただきます。ご自身の手で体感をすることで、ご自宅へ帰っても日常のセルフケアにお役立ていただけます。

 

 


② 脊椎中心のオイルセラピー

★撫でるようにすすむことで、優しく緩やかにほどけます

★意識できない(目にみえない)背面は、深い意識とつながっています

★最幸のセラピストは【ご自身】です

★オイルは最高級の『バリアーニグリーンオリーブオイル』

 

身体調律ラセイフのオイルセラピーはオイルを潤滑剤にして、撫でるように行います。力を込めてグイグイ押すような施術はいたしません。が子どもの背中を優しく撫でるように、心からリラックスして安心できる。 それが基盤となっております。

 

全身オールハンドで施術します。脊椎を中心としたオイルセラピーです。

身体調律ラセイフでは『本来の自分に還る』ために「背中」が一番のキーポイントになると考えています。意識できる表側(身体の前面)と意識できない裏側(身体の後ろ面)の背面(裏側)になります。

 

心と身体は密接につながっています。手のひらの表側と裏側のように。

心の現象は身体の現象となって現れ、身体の現象は心の現象となって現れます。

身体調律ラセイフのオイルセラピーは、すべての流れを「手」とお客様の「お身体」のコミュニケーションに委ねています。そこに、マニュアルや方法は存在しません。

その日その時間その空間の「今ここ」の瞬間に起こることが起こります。

 

『お客様の足の先から頭の先までの流れ、そして心・身体・本質の流れを通す』
この意識(ほぼ瞑想状態)のなか、施術者はただのパイプとなり施術はすすみます。身体調律ラセイフでは、施術者もベッドや椅子と同じように「空間」のひとつになることを理想としています。ただただ「大きく拡い循環する流れを通す」パイプに徹します。

 

その「流れ」を、お客様ご自身が【本来の自分に還るために】必要なカ所に運んでいきます。

その流れを心に運んでいけば、心に何かしらの変化が現れます。

その流れを身体に運んでいけば、身体に何かしらの変化が現れます。

それが、すべてお客様の施術後の「ご感想」となって体感や言葉となります。

そのすべての変化を起こしているのは【お客様ご自身】なのです。

 

お客様にとって【最幸のセラピストはご自身である】

 

身体調律ラセイフとして、必ずお伝えしていることの一つです。

 

オイルセラピーで使用するオイルは最高級の『バリアーニグリーンオリーブオイル』です。アロマは使いません。このオリーブオイルは簡単にいうと「バリアーニさんが丹精こめた特別なオリーブの木から収穫された熟す前のオリーブを絞って、つくられたオリーブオイル」です。抗酸化力や浸透力が驚くほど高く、心と身体が喜ぶオイルです。もちろん無農薬で育てられ、食したらとても美味しい身体にもいろいろなステキな影響を与えてくれます。ご興味のある方はどうぞご検索ください。このオイルに関してたくさんの情報が発信されています。

 

ちなみに、私の毎朝のスキンケアは、このオイルです。

 


③ 全身の流れを通すセラピー

  うつ伏せ (太もも・ふくらはぎ・足・脚・腕・手)

  あお向け (おかおセラピー(デコルテ・頭・首・顔)

★リラックス状態のままの適度な「圧」

★裏側全体、表側全体の流れが通る

★心ゆくまでゆっくりと

 

②のオイルセラピー終了後、オイルをホットタオルでふき取ります。

ここからはタオルケットで全身を包み、全身の流れを通すセラピーに入ります。

オイルセラピーと同様に、ぐいぐい押したりする施術はいたしません。お客様の意識の状態に響かない程度に少しの「圧」をかけて(太もも・ふくらはぎ・足・脚・腕・手)、裏側全体を流していきます。

 

そのまま、お休みください。施術者は一旦退室します。

しばらくたったらお声をおかけします。タオルケットをかけたままあお向けの状態に半回転します。

 

ここから、身体の表側に入ります。

デコルテ周辺から少しの「圧」をかけて流れを通していきます。

そして、ラセイフオリジナルの「おかおセラピー」に入ります。

頭・首・顔に触れながら、すべての流れを通していきます。

 

そのまま、心ゆくまでお休みください。施術者は一旦退室します。

ご自身のタイミングで起きあがり、お着替えをおすませください。

整いましたら、金色のベルを鳴らしてお知らせください。

 


④ 身体からのメッセージ&セルフケア

★光や風を入れて、新しい空間へ

★シェアしあうことにで、新しい気づき・発見に

★施術中にかんじたメッセージに対応するセルフケア

 

③までのサロン空間は、カーテンを閉め小さな明かりを灯している「深くゆったり」とした空間でした。 

ここからは、カーテンを開け放ち、光や風を入れて新しい空間へすすみます。

 

お客様と施術者、両者の「感じたこと」や「気づいたこと」「お身体より受けとったメッセージ」などをシェアします。主に、施術者は施術中の身体の変化についてお話します。お客様の多くは、それをご自身のに置きかえてお話を聴かれ共感されるようです。そんなときは、心と身体はリンクし合っていることを深く実感します。

 

最後に、お身体より受けとったメッセージ等による、今現時点の心・身体・本質の流れを通すための即効性かつ実践的な天城流湯治法を織り込んだセルフケアをお伝えしていきます。実際にお客様ご自身でお身体に触れていただきます。ご自身の手で体感をすることで、ご自宅へ帰っても日常のセルフケアにお役立ていただけます。

 

セルフケアをお伝えすることで、サロンという「非日常」への【依存】ではなく
ご自宅にて自身に触れる「日常」への【自立】へと繋がります。

「自身に触れる日常」が どれほど ご本人とその周囲の人々に
ステキな影響をもたらしていくのか 計り知れないと 感じています。

 

ラセイフでは、自身の「手」によるご自愛をおすすめしています。
そうすることで、「依存」ではなく「自立」「共存」へと 繋がっていくと感じています。


身体調律ラセイフは 『本来のあなた』に還るための お手伝いを担当します。