ラセイフの原点は、オイルセラピーです


 

身体調律ラセイフは、オイルセラピーのサロンとしてスタートしました。

 

その後、過程を経て、天城流湯治法やイヤーコーニングに出逢っていきました。

故に、ラセイフの原点は、オイルセラピーであり、すべての「背中」に愛を感じずにはいられません。

 

ラセイフのオイルセラピーはオイルを潤滑剤にして、撫でるように行います。力を込めてグイグイ押すような療術はいたしません。が子どもの背中を優しく撫でるように、心からリラックスして安心できる。 それが基盤となっております。

 

全身オールハンドで施術します。脊椎を中心としたオイルセラピーです。

ラセイフでは『本来の自分に還る』ために「背中」が一番のキーポイントになると考えています。意識できる表側(身体の前面)と意識できない裏側(身体の後ろ面)の背面(裏側)になります。

 

心と身体は密接につながっています。手のひらの表側と裏側のように。

心の現象は身体の現象となって現れ、身体の現象は心の現象となって現れます。

ラセイフのオイルセラピーは、お客様の「お身体」と療術者の「」による直観のコミュニケーションにより成りたっています。そこに、マニュアルや方法は存在しません。

その日その時間その空間の「今ここ」の瞬間に起こることが起こります。

 

『お客様の頭の先から足の先までの流れ、そして心・身体・本質の流れを通す』


この意識(ほぼ瞑想状態)のなか、療術者はただのパイプとなり療術はすすみます。身体調律ラセイフでは、療術者もベッドや椅子と同じように「空間」のひとつになることを理想としています。ただただ「大きく拡い循環する流れを通す」パイプに徹します。

 

その「流れ」を、お客様ご自身が【本来の自分に還るために】必要なカ所に運んでいきます。

その流れを心に運んでいけば、心に何かしらの変化が現れます。

その流れを身体に運んでいけば、身体に何かしらの変化が現れます。

それが、すべてお客様の療術後の「ご感想」となって体感や言葉となります。

そのすべての変化を起こしているのは【お客様ご自身】なのです。

 

お客様にとって【最幸のセラピストはご自身である】。

身体調律ラセイフとして、必ずお伝えしていることの一つです。